[脳卒中運動機能障害重症度スコア計算用調査票について]
評価項目は顔面麻痺,嚥下障害,腕,手,下肢近位筋,足関節,複合運動,歩行の8項目である.各評価項目のカテゴリー数は2(A, B)または3(A, B, C)である.
[調査票の使用法]
1) 各項目の該当カテゴリーをA, B, Cの中から選び,右側にある該当の枠にチェックを入れる.
2) チェックの入った枠の右側に示されている数字を合計する.
3) 最後にconstantの値を14.60を加える.
4) 以上の計算で得られた数値が重症度スコアで-0.26〜31.29の間の値を取る.
註:  
1. 検査不能の項目は最も悪い値(C又はB)をつける.
2. 治療の目的上検査が望ましくない項目は主治医の推定値を入れる.
3. 障害が両側性又は健側,患側が変動する場合,常に最悪側の値をとる.
  ※出典:脳卒中 21:355,1999