脳   卒   中
投 稿 規 定
指定されたソフトウェアで作成し,学会ホームページよりアクセスの上,J-STAGEのオンライン投稿システムより投稿をしてください.郵送は受付けません.
1) 投稿は原著,症例報告,事例報告,短報,総説,レター等とし,他誌に掲載されていないものとする.著者に少なくとも1名以上の会員が含まれることを投稿条件とする.なお,Editorial,生涯教育講座,専門医受験講座,ガイドライン, 臨床マニュアル,EBM文献紹介,関連エッセイなども投稿可能である.
 
2) 原著は本文8,000字以内、症例報告事例報告ガイドラインおよび臨床マニュアルは6,000字以内、短報は2,400字以内、レターは800字以内とし、図表は原著は8点,症例報告,事例報告,ガイドラインおよび臨床マニュアルは6点,短報は2点,レターは1点迄とする.総説は図表,文献等すべてを含み10,000字以内とする.Editorialは1,200字以内とする.エッセイは800〜1,600字,その他は依頼する際に決定する.図表は1枚を400字相当で計算する.本文ファイルはMS Wordで作成し,査読者が該当箇所を指摘しやすいように必ず通しページ番号及び行数をつける.図表ファイルはMS Word,Excel,Power Point等で作成し,本文ファイルには取り込まずそれぞれのファイルをアップロードする.動画ファイルも受け付ける(動画ファイルは.mpgフォーマットを推奨).ただし動画ファイルのアップロードは5ファイルまでとし総時間5分以内とする.動画ファイルはオンラインジャーナル用のみのため,誌面掲載用として動画ファイルに相応する関連画像も必ずアップロードすること.写真は目的の所見が十分に確認できる解像度のJPEGファイルとして提出する.
 
3) 図,表には必ず表題と50字以内の説明をつける.組織標本には染色法と倍率をつける.カラー掲載の場合は1ページ65,000円とし,費用は著者の負担とする.
 
4) 原著,症例報告,事例報告,短報, 総説, ガイドラインおよび臨床マニュアルには400字以内,レターは70字以内の論文要旨をつける.原著の場合は背景及び目的,方法,結果,結論の順に記載する.また,3〜5個のkey words(英語小文字)をつける.また,running title(日本語で30字以内,英文では60字以内)をつける.
 
5) 題名,所属,氏名(M.D.,Ph.D.,ほか)(必要に応じ研究グループ名等)の英文をつける.原著,症例報告,事例報告, 総説, ガイドラインおよび臨床マニュアルは250語以内,短報は100語以内,レターは50語以内の英文抄録をつける.原著の場合のみBackground and Purpose,Methods,Results,Conclusionsの順に記載する(電子ジャーナルとして海外からフリーアクセス可能となるため必須).
 
6) 文献は本文に用いられたもののみをあげ,引用番号は本文の引用順とする.引用文献は必要欠くべからざるものにとどめ,原著, ガイドラインおよび臨床マニュアルで30,症例報告および事例報告で20,短報で10,レターで3以内とする.総説の場合,原則として制限しない.文献の省略は原則としてIndex Medicusに従う.引用文献の著者名は4名以上の場合は最初の3名のみを書き他は,ら,et alとする.
なお、オンラインジャーナルのみで発表されている文献については、DOI(Digital Object Identifer)を記載とする。
 
  【文献記載例】
山田実貴人,山田法顕,豊田 泉ら:Off-the-job trainingとしての脳卒中初期診療(ISLS)コース開催の経験.脳卒中 31: 1–9, 2009
中川原譲二:院内LANによる継続入力システムとデータ活用.小林祥泰監修:脳卒中データバンク2009.東京,中山書店,2009, pp 184–186
Yoshimura S, Toyoda K, Ohara T, et al: Takotsubo cardiomyopathy in acute ischemic stroke. Ann Neurol 64: 547–554, 2008
Yamamoto H, Matsumoto M, Hashikawa K, et al: Stroke onset and courses. In Bogousslavsky J, Caplan L (eds): Stroke syndromes, Cambridge, Cambridge University Press, 2001, pp 3–7
 
7) 数字は算用数字を用い,単位はCGS単位でm, cm, mm, cm2, l, dl, ml, kg, gm, mgなどを用いる.
 
8) 外国語の固有名詞(人名,地名)は原語のまま用いる.ただし日本語化しているものはなるべくカタカナとする.商標,薬品名,その他の固有名詞の頭文字は大文字とするが文中の外国語単語(病名,その他)の頭文字はドイツ語名詞を除きすべて小文字とする.
 
9) 欧文の原稿は原則として受付けない.ただし外国人の原稿の場合は必ずしもこの限りではない.
 
10) 投稿原稿はすべて下記のJ-STAGEのオンライン投稿システムから送ること.
URL: https://www.editorialmanager.com/jstroke/
紛失事故などに対処するため提出論文の電子化ファイルは必ず手もとに保存すること.
 
11) 投稿承諾書兼COI登録状況報告書【様式1】は,著者全員が署名の上,脳卒中編集室宛に,スキャナー取り込みでPDF等のデータにしたものをメール(jstroke@medical-tribune.co.jp)で送付するか,もしくは.FAX(03-6841-4560)で送付するかのいずれかの方法により提出する.
1枚に全員が記載しなくてもよい(複数枚可).
投稿承諾書兼COI登録状況報告書【様式1】は、日本脳卒中学会ホームページに掲載されたものをダウンロードして使用すること。
 
12) 論文の採否は編集委員会が行う.必要に応じて字句の訂正または削除を行うことがある.
 
13) 本誌に掲載される著作物の複製権,翻訳権,上映権,譲渡権,公衆送信権(送信可能化権を含む)は日本脳卒中学会が保有する.
 
14) 掲載料は規定以内のものでは徴収しない.すり上りが一定限度を超える場合は,超過料金を課する.超過料金の計算は,原著の場合はすり上り7頁まで,症例報告および事例報告の場合は同5頁まで,短報の場合は同2頁までは無料として,それを超える場合,1頁に対し8,000円の割で行う.また図,表の超過の分は1個につき2,000円の割で行う.
別刷は,すべて有料とし,注文は50部単位とする.50部の場合は50円×頁数×部数,100部または150部の場合は40円×頁数×部数,200部以上の場合は30円×頁数×部数とする.但し,別刷は商業的な目的に使用しないこと.
至急掲載を希望する場合には,特急掲載料100,000円を徴収する.投稿システム内の編集室へのコメント内にその旨を記載する.
 
15) 著者が他誌から図表等の転載をする場合には,著者自身で必ず転載許諾をとることとする.
 
16) ランダム化比較試験(randomized controlled trial: RCT)論文の場合は,改訂版CONSORT声明(The revised CONSORT statement for reporting randomized trials: explanation and elaboration. Annals of Internal Medicine 2001; 134(8): 663-694)に準じることとし,RCTでは臨床研究の事前登録(UMIN等)がない場合は掲載されない.
 
17) 施設の倫理委員会で承認されている必要がある論文については,投稿時に,その証明書コピーを添付し,論文内に,各施設の倫理委員会で承認されている旨とその承認番号を記載することとする
 
18) 患者の同意をとる必要がある論文については,投稿時に,患者同意書のコピーを添付し,論文内に,患者の同意を得ている旨を記載することとする.
 
19) 用語については,詳細は日本医学会の用語集を参照してもらい,その基準に準じることとする.
 
20) 利益相反(conflict of interest)
投稿に際しては,日本脳卒中学会が定めた「医学研究のCOI(利益相反)に関する指針」および「医学研究のCOI(利益相反)に関する細則」に従い,原則として,全ての投稿論文について,著者全員のCOI状態を自己申告してもらうこととする.

平成26年1月1日投稿受付分から,この利益相反規定を適用する.
著者が会員の場合
1.
日本脳卒中学会のホームページの会員専用ページ上からCOIに関する自己申告をオンライン登録する.
2.
日本脳卒中学会のホームページの機関誌案内「脳卒中」(和文誌)ページ上から
「投稿承諾書兼COI登録状況報告書」【様式1】をダウンロードし,必要事項を記入・署名の上,脳卒中編集室へ,FAXもしくはPDFで,様式1を提出する.
(脳卒中編集室 FAX:03–6841–4560 E-mail: jstroke@medical-tribune.co.jp
3.
論文中の本文の最後に,利益相反関係の有無を必ず明記する.
開示すべき利益相反関係がある場合には,その内容を明確に記載すること.
著者が非会員の場合
1.
日本脳卒中学会のホームページの機関誌案内「脳卒中」(和文誌)ページ上から
「投稿承諾書兼COI登録状況報告書」【様式1】「COI 自己申告書」【様式2】の両方をダウンロード し,必要事項に記入・署名・印の上,脳卒中編集室へ,FAXもしくはPDFで,様式1と様式2を一緒にまとめて提出する.
(脳卒中編集室 FAX:03-6841–4560 E-mail:jstroke@medical-tribune.co.jp
2.
論文中の本文の最後に,利益相反関係の有無を必ず明記する.
開示すべき利益相反関係がある場合には,その内容を明確に記載すること.
 
<補 足>
 
非会員については,日本脳卒中学会の会員専用ページでのCOIオンライン登録が利用できないため,「COI自己申告書」【様式2】に必要事項を記入・署名・印したものを,必ず「投稿承諾書兼COI登録状況報告書」【様式1】と一緒にまとめて, 脳卒中編集室へ, FAXもしくはPDFで提出すること.
所定用紙【様式1】【様式2】は,いずれも日本脳卒中学会のホームページから,ダウンロードして使用できる.また「脳卒中」誌の巻末にも添付されている.
(脳卒中編集室 FAX:03-6841–4560 E-mail:jstroke@medical-tribune.co.jp
 
 
会員であっても,何らかの理由により,日本脳卒中学会の会員専用ページでのCOIオンライン登録が利用できないような状況にある場合には,非会員の場合と同じく,「COI自己申告書」【様式2】をダウンロードして,必要事項を記入・署名・印したものを,必ず,「投稿承諾書兼COI登録状況報告書」【様式1】と一緒にまとめて,脳卒中編集室へ,FAXもしくはPDFで提出すること.
(脳卒中編集室 FAX:03-6841–4560 E-mail:jstroke@medical-tribune.co.jp

※注1:
会員については,本来,日本脳卒中学会ホームページの会員専用ページ上でのCOIオンライン登録を行ってもらうことが原則であり,上記の方法で「COI自己申告書」【様式2】を,脳卒中編集室へ提出してもらうことは,本誌投稿を遅滞させないための特例措置であるため,投稿時に,日本脳卒中学会ホームページの会員専用ページでのCOIオンライン登録がまだ手続きできていない会員の場合には,後日,オンライン登録が可能になり次第,可及的すみやかに,改めて,日本脳卒中学会ホームページの会員専用ページのCOIオンライン登録も完了させること.

※注2:
すでに日本脳卒中学会の会員専用ページでのCOIオンライン登録手続きを済ませた会員は,投稿に際して,さらに「COI自己申告書」【様式2】を脳卒中編集室へ提出する必要はないので,「投稿承諾書兼COI登録状況報告書」【様式1】のみを,脳卒中編集室へ提出すればよい.

※注3:
日本脳卒中学会のCOI制度の内容・COI登録方法について,不明な点がある場合には,日本脳卒中学会事務局の方へ直接問い合わせすること.
「COI制度に関する問い合わせ先:日本脳卒中学会事務局」
電話03-3251-6800,E-mail:jssoffice@jsts.gr.jp
 
【利益相反関係有無についての論文本文末への記載例】
下記の記載例を参照の上,論文中の本文の最後に,申告した利益相反関係の有無を必ず明記すること.
また,開示すべきCOIがある場合については,開示すべき利益相反関係(企業との財政的関係,当該株式の保有,関係する企業・団体名等)を明確に本文の最後に記載すること.
 
  ★ 記載例 A.開示すべきCOIがない場合の論文の本文末への記載例  
「著者は日本脳卒中学会へのCOI自己申告を完了しており,
本論文の発表に関して,開示すべきCOIはない.」
  ★ 記載例 B.開示すべきCOIがある場合の論文の本文末への記載例  
「著者は日本脳卒中学会へのCOI自己申告を完了しており,
本論文の発表に関して,著者が開示すべきCOIは,以下のとおりである.」
・対象期間:過去3年間(但し、平成27年度においてのみ、過去2年間)
・申告者氏名:○○○○
・役員,顧問職の報酬:○○会社よりあり.
・株の利益:○○会社よりあり.
・特許権使用料:○○会社よりあり.
・日当(講演料):○○会社よりあり.
・原稿料:○○会社よりあり.
・研究費:○○会社よりあり.
・奨学寄付金(奨励寄付金):○○会社よりあり.
・受託研究費、研究助成費:○○団体より○○費、出資は〇〇会社よりあり.
・寄付講座:○○寄付講座は、○○会社の寄付金支援あり.
 
【開示すべきCOIがある場合について】
日本脳卒中学会の「医学研究のCOI(利益相反)に関する細則」第4条により,自己申告が必要な金額は次のように定められており,開示する義務のあるCOI状態は,日本脳卒中学会が行う事業や医学研究に関する発表内容に関連する企業や営利を目的とする団体に関わるものに限定される.

企業や営利を目的とした団体の役員, 顧問職については,単一の企業・団体からの報酬額が年間100万円以上.
株の保有については,単一の企業についての1年間の株による利益(配当,売却益の総和)が100万円以上の場合,あるいは当該全株式の5%以上を所有する場合.
企業や営利を目的とした団体からの特許権使用料については,1件あたりの特許権使用料が年間100万円以上の場合.
企業や営利を目的とした団体から,会議の出席(発表)に対し,研究者を拘束した時間・労力に対して支払われた日当 (講演料など)については,単一の企業・団体からの年間の講演料が合計100万円以上の場合.
企業や営利を目的とした団体が原稿やパンフレットなどの執筆に対して支払った原稿料については,単一の企業・団体からの年間の原稿料が合計50万円以上の場合.
企業や営利を目的とした団体が提供する研究費については,単一の臨床研究に対して支払われた総額が年間200万円以上の場合.
奨学寄付金(奨励寄付金)については,単一の企業・団体から,1名の研究代表者に支払われた総額が年間200万円以上の場合.
非営利法人や公益法人からの受託研究費や研究助成費で,交付金額が年間1,000万円以上である場合に,企業や営利を目的とした団体が当該受託研究費や研究助成の専らの出資者である場合には,研究代表者が申告.
企業や営利を目的とした団体からの寄付による大学の寄付講座については,特任教授など当該講座の代表者が申告.
複数の企業などから資金提供されている場合には,一企業当たり年間200万円以上の場合は申告.
(対象者自身については①〜⑧の事項すべてについて.
また対象者の配偶者・一親等以内の親族,あるいは収入・財産を共有する者については①②③の事項について.)
 
なお、開示・公開すべきCOI事項の詳細については,日本脳卒中学会が定めた「医学研究のCOI(利益相反)に関する指針」および「医学研究のCOI(利益相反)に関する細則」を熟読し,不明な点については, 日本脳卒中学会事務局(電話:03-3251-6800 E-mail:jssoffice@jsts.gr.jp)へ直接問い合わせること.
【脳卒中編集室】
〒105–0001 東京都港区虎ノ門3–8-21 虎ノ門33森ビル7階
株式会社メディカルトリビューン 学術編集部
脳卒中編集室
TEL: 03–6841–4542 FAX: 03–6841–4560
E-mail: jstroke@medical-tribune.co.jp
附則
一般社団法人日本脳卒中学会「医学研究のCOI(利益相反)に関する指針」および「医学研究のCOI(利益相反)に関する細則」の施行に伴い,利益相反条項に関連して,
平成26年1月1日改定.
平成27年1月1日再改定.